2011年02月19日

定点カメラを作ろう-前振り

某所で気になっていたシステムを見せていただきました。

調剤レコーダーです。
ウチは基本的に私のみの一人薬剤師の薬局です。すなわち、調剤も監査も投薬も一人で行います。
そうすると、『患者さんが間違って薬が渡っていた場合、確認は自分の記憶が主』になります。
当然薬の在庫を確認する、とかの手段も取れますが即時性に欠けます。

そこで、上記調剤レコーダーのような『行動記録映像』があれば再確認ができる訳です。
時間がかなりシビアな中、がんばって見に行きました。

まぁ、正直に書きます。がっかりです。
そこに展示してあったのはカメラ2台でした。
一方は処方箋および薬のシートを、もう一台は一包化したシートを、それぞれ撮影していました。
システムの利用方法は、webを見て貰うとわかると思います。

1. 処方箋をRFIDを貼り付けたボードに挟む
2. ボードをかなり大きめのセンサーに置く事により、撮影を開始する
3. 撮影は1秒毎に行い、静止画としてサーバに保存される
4. ボードをセンサーから離すと撮影は停止する

それだけです…本当にそれだけです。
ざっと見た特徴を書いておきます。
・撮影のカメラはネットワークカメラでイーサネット給電。すなわちLANケーブルのみで電源不要。
・レンズはそれなりに作っているようだが、それほどf値は高くないので撮影面が暗いと厳しそうである。
・サーバはMac miniで動作できるレベル
・画像のインデックスとしてはRFIDのIDと時間ぐらい。処方箋と紐付けるのは手作業ないし運用
・錠剤の刻印すら見えるように宣伝を打っているが、これは『ホークアイビジョン』というオプションであり、
 単なる拡大鏡だと思えばよい。それと記録している画像とがリンクしている訳ではないし、
 そういうノウハウがある訳ではなさそうである。当然それだけズームしているので画角はかなり狭い。
・参照アプリはブラウザ
・考えれば当たり前だが、天井からのカメラなので、輪ゴムでまとめた錠剤の束が何錠あるか、なんてのはわからない
見せていただいた現場で気がついた事はこの程度でしょうか。
私としては実は『何錠出したかをどうやって記録するのか』『処方箋との紐付け方法』『ホークアイビジョンとのリンク方法』が
注目の的だったのですが、どれも無かったのがショックでした。
一人薬剤師なので監査の補助として非常に興味あったのですが、残念ながら要件を満たさなそうなので諸費用も聞かずに帰ってきました。

さらに、ショックな事を小耳に挟みました。
導入にレセコン買えるぐらいだそうです。さらに保守料が必要だそうです。
…いらね。いるけど、いらね。そんな高いのを一人薬剤師のウチが入れられる訳無いじゃん。
でも欲しいよなぁ、カメラは…最悪X5とかKiss使えばいけそうだよな。
ビデオでよさげなのあればそれでもいいよな。データ転送は、そういうSDカードあるじゃん。
表示は、CGI一発書けば何とでもなるなぁ。
なるんじゃん?同じ物を作るならRFIDによる記録開始/終了と1秒おきの撮影だけど、
そこは妥協と改良でいいんじゃん?

かくして、でっちあげようと心に決め、チョコチョコと調べ始めたのでした。
posted by ちや at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

保険調剤におけるいわゆる「ポイントサービス」の提供に関する質問について

@toyosshi さんのtweetにて、重要な件が正式に公開されました。
http://twitter.com/toyosshi/statuses/10131252237574144
さらに、textも公開してくれましたぁ!!
http://www.twitlonger.com/show/78ug1a

というか、なぜ画像をわざわざPDFにするんだ?>参議院

さて、我々中小(弱小?)薬局においては非常に厳しい回答が出ました。
質問の一部は以下です。
3 保険薬局において保険調剤に係る一部負担金の支払額に応じて「ポイント」を提供された患者が、当該保険薬局又は関連保険薬局を次回以降利用した場合に、保険調剤に係る一部負担金の支払以外の支払に当たって当該「ポイント」を使用することは、患者にとって費用負担の減額の効果を与えることになり、結果として保険調剤に係る一部負担金の減額に当たると考えられ、認められないと考えるが、政府の見解を示されたい。
4 保険薬局において保険調剤に係る一部負担金の支払に対する「ポイント」の提供が認められる場合には、保険薬局に対する個別指導や共同指導などにおいて不適切であるとされている過剰な景品類の提供など経済的サービスの提供という行為にも繋がり、健康保険法第七十四条の規定が形骸化することにもなりかねないと考えるが、政府の見解を示されたい。

回答の一部がこちら
健康保険法(大正十一年法律第七十号)等の医療保険各法においては、御指摘のような「ポイント」の提供又は使用自体を規制する規定はないが、保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則(昭和三十二年厚生省令第十六号)第四条第一項等において、保険薬局は健康保険法第七十四条の規定による一部負担金等の支払を受けるものとされ、その減額は許されないことから、「ポイント」の提供又は使用が一部負担金の減額に当たる場合があれば、これらの規定に違反することとなると考える。

強調は当然私が行ってます。
さてさて。どのように考えればいいでしょう?というか、4については回答していないように見えますが、違いますか?
・いわゆる「ポイント」の提供又は使用自体を規制する規定はない
・「ポイント」の提供又は使用が一部負担金の減額に当たる場合があれば規定違反
・どのような『「ポイント」の提供又は使用』が上記減額に当たらないか、は答えていない
・4の質問である『保険薬局に対する個別指導や共同指導などにおいて不適切であるとされている過剰な景品類の提供など経済的サービスの提供』については答えていない
無い頭を絞ってみると、私には以下のように読めます。
・ポイントはOKだが減額(=直接的な金銭サービス)はNG
・『過剰な景品類の提供など経済的サービスの提供』については未回答、よって現行通りNG
・『過剰でない(=適正な)景品類の提供など経済的サービスの提供』はOK。いやグレーか?

すなわち、1%程度のポイントをつけて何ポイント以上ならば景品等をつける、なら適正だろうと…
それ、何てクレジットカードのポイントサービス?orz

選択肢が広ければ広いほどユーザは喜ぶでしょう。どこかと提携して…って弱小薬局に出来る訳無いじゃん…。
なんか別の方面から個人薬局を潰そうとしているような気がします。そんなに潰したいならつぶせばぁ…ケッ!!
とりあえず、泣き言だけ言っても仕方ないので、class Aに提案書でも出しますか。同時に店舗用のポイントカードをとりあえず作っておいて…名刺の裏でいいか…
あぁぁ、めんどうくせぇっ!!!
posted by ちや at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

twitter連携のテスト

時間が経つのは早いなぁ…
しばらく使ってないと、いろいろ機能が増えるんだなぁと実感。
全然使い方わからないや。

・追記
あ、なんかウザイので慣れるまでtwitter連携切っておこう
posted by ちや at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログ再利用

ブログを再利用してみようと思います。
新規に立ち上げようかとも思ったのですが、まぁそれほど使わんだろうと。

とりあえず再設定やデザインの変更等もすると思いますが、ぼちぼちと。

いろんなパスワードやID、さがしちゃったぃwww
posted by ちや at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

あけおめ

あけまして、おめでとうございます。

当ブログは、しばらく放置の予定ですので、右上にあるリンクより
twitterをご覧ください。
posted by ちや at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。