2009年07月24日

twitterはじめてみました

新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に日常に変化がないのはいかん、と思い、DIYとかやってみようとしてるんですが、まず道具から入ろうとする悪癖を神さんに咎められ(w)、ちょっとだけテンションが落ちています。まぁ親戚に借りられるので作業そのものは問題ないんですが…
自分の道具をそろえる、ってのも大事ですよね(w)

DIYはボチボチやっていくつもりですが、他に何をしようかなぁ?と考えていたところ、なんとなく避けていたtwitterをはじめてみました。
はじめたばかりなので、どうなるのかわかりませんが、誰をFollowingすればいいのかわかんないし、followerが(はじめたばかりなので当然)ゼロだし、という事でまったりとやってみようと思います。

あきたらやめればいいだけだしw
posted by ちや at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

1360円

090720_2131~01.jpgえーと近所の居酒屋です。二人前の刺し盛りを頼みましたが、すげー量で来ました。味も悪くありません。

二人前なのを店員に確認しちゃったf(^_^)
posted by ちや at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

寝苦しい夜…

涼感ひんやり2℃ COOL 涼感ひんやりメッシュ敷パット シングル ブルー 09TMSP 【22879】* 睡眠時の冷却効果をうたったジェル入りマット−その効果と持続性を調べる−

最近、夜寝苦しい(割には苦しみながらも寝入るんですが)ので、なんか工夫はできないものかと気になっていたものです。理論的にいまいち信用できないなぁと思っていたのですが、ボチボチな評価も耳にします。さて、どうしようかなぁ?と思っていた所、いい所でテスト結果を見つけました。

…、やっぱり実証はされないというか、ウソでしたね。仮に一回は熱の移動が発生したとしても、それをどうやって持続させるのか?というのがとても疑問でした。
http://d.hatena.ne.jp/rx7/20090707/p1
上記のBlogは厳密にはジェルタイプではありませんが、利点や欠点(1h程度しかもたない)を書いてあるので宣伝文句よりは全然信頼できます。やはりそんなもんですよね…

しばらくは、タオル地のベッドパッドと扇風機ですかね(笑)
posted by ちや at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

いつの間にやら…

090622_2142~01.jpgいつの間にやら一部で有名な鳥もとが2号店を出してました。
移転ではなく…


あれっ?
posted by ちや at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憧れ女性チェック

すごい!ホメ方―職場で、家庭で、恋愛で…相手を思うままに操る悪魔の心理術 (廣済堂文庫)某所でやってた知人がいたので、やってみました。
ちなみに、Hyper版もあったんですが、『実際の憧れの有名人』という所で(私が)固まっています。誰だろう?最近の有名人知らないからなぁ…

まず、ロリコン属性評価ですが、ほさんの場合ほんの少しだけ、ロリです。一般的な男子としては普通です。
次に知的属性評価ですが、かなり知的な女性が好きなようです。クイズ番組で難しい問題に答える女性がかっこいいと思う傾向があります。
そして、大人しく一歩引いてくれるような女性を求めています。二人きりでは良く話すようなタイプが好みです。
女性の胸に関しては、そこそこあれば問題ないようです。しかしながらペタンコは嫌なようです。

さて、見た目からみた性格的な傾向ですが、特にどちらでもなさそうです。優しそうな女性に憧れる場合もあれば、ハッキリしたキツめの女性も好きになります。
外見的な部分で言うと、スタイルの良い女性が好きなようです。
髪型にとくにこだわりはなさそうです。

そんなあなたにオススメなのは…

1位 深田恭子 (264.2点)
2位 綾瀬はるか (262点)
3位 愛内里菜 (259.8点)

【 憧れ女性ちぇっく http://checker.from.tv



愛内里菜ってメジャーなのか?って所にまず引っかかりました(w
posted by ちや at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

F1場外乱闘

F1 (エフワン) 速報 2009年 6/25号 [雑誌]FOTAがとうとう声明を出しました。
「これにより、FOTAは今後新しい世界選手権開催のための準備を行うこととなる。その新シリーズは参加者とパートナーの重要さを反映させる。この新シリーズは透明性のある統治や1セットのレギュレーションを取り入れ、参加者を励ましつつファンの願いに耳を傾けることになる。さらに世界中の視聴者やパートナー、他の重要な利害関係者にとっても魅力的な価格を約束する」

つまり、既存のF1を抜けて新しい選手権をやるぞ、という訳です。

さて、どこが抜けてどこが残るのでしょう?2010年の暫定?エントリーリストから振り分けてみると…

FOTA
*フェラーリ
*マクラーレン・メルセデス
*ルノー
*BMWザウバー
*トヨタ
*ブラウンGP
*レッドブル・ルノー
*トロ・ロッソ

FIA残留?
*ウィリアムズ・トヨタ
*フォース・インディア・メルセデス
*カンポス・コスワース
*マナー・コスワース
*チームUSF1・コスワース

んと…FOTAの方を見ますわ。正直。
さてさて、どうなりますやら。
posted by ちや at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ版ふたつのスピカ

ふたつのスピカ 13 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ドラマ版のふたつのスピカですが、ライオンさんは出ないんですね。
…、まぁいいんですが、ふぅんって感じです。

最終的な評価はどうなる事やら…。ちなみに府中野のニックネームがどうしても引っかかります(w)
posted by ちや at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

ドラマ化???

ふたつのスピカ 14 (MFコミックス フラッパーシリーズ)とめはねっ!鈴里高校書道部がドラマ化するようです。ふたつのスピカもドラマ化なんですよね。ドラマの企画って誰が立てるのか知らないのですが…、おまえら漫画しか読んでねーのか?と言いたくなる程マンガのドラマ化が多くありませんか?以前はこれ程なかった気がするのですが、単に私が知らないだけでしょうか。
マンガをドラマ化すると、原作の絵のイメージとの乖離が大きいと思います。アニメならば読者のイメージしている声とのギャップだけですむと思います。そのイメージした声も次第に上書かれ、違和感は無くなっていくことでしょう。逆に明確に声として認識できている場合、声優が変わり声が変わる事に耐えられない事もあります。(ex.ルパン三世ドラえもんなど)。うまく変更できているケースも当然ありますが。
声だけでも難しいというのに、映像としての雰囲気やキャラクタと役者のギャップは計り知れません。小説などならば、言葉による描写ですので上記の声と同様に役者の顔のイメージは上書きされやすいでしょう。なぜ小説のドラマ化ではなくマンガのドラマ化なのでしょうか…。そもそもドラマに原作が無くてもいいと思うのですが、原作が人気あればそれなりの視聴率が取れるという意図があるのでしょうか。原作レイプも少なくないので、原作のファンの場合はあまり嬉しくないです。せめてアニメにして…。

こういう実写化ならばとても楽しいのですけどね(w

どうでもいいですが、鴨川アスミの身長が161cmってありえない…。設定では144cmなのに…。けど訓練用の宇宙服のシーンがあったとしても特注する訳にもいかないんだろうなぁと思ってもみたり。
posted by ちや at 15:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

ちゃいばらぶろぐ

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)昨日は焼き鳥を食べに行きました。(多分)友達がダーツやってる店の裏の店で(w。しかも、締めの雑炊を食わずにうどん屋に流れてしまいました。

焼き鳥屋で別の友人に『さいばらのblogが面白いから読め』と言われて見てます…。っつーか、書きすぎです。
* 銭の花はどこに咲く。さいばらりえこの太腕繁盛記 生(なま)
ついでに。
* 西原理恵子の太腕繁盛記FX - FXを比較【金融スクエアbang!】

えーっと…仕事が手につかないのですが…。店が暇だからこそやらなきゃいけない事がてんこ盛りであるんですが…。

とりあえず『わ』に行ってみたいです>心当たりのある方
posted by ちや at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

方言

東京弁辞典ふと東京弁を調べていた時の流れで発見した本です。東京弁辞典なんですが、すごい欲しいです。でも、高いなぁ…。好奇心のみで買うには躊躇しちゃう値段ですね。ブックオフとかに無いかしら(w

東京方言辞典なんてサイトもあるのでボチボチ用は成すのですが…ページを眺めていると、これって東京弁だったの???という言葉がいっぱいあるのです。
私は生まれも育ちも東京です。ただし、下町や山の手ではなく武蔵野に属するあたりですので江戸っ子ではありません。母の生まれは甲州で、育ちは山の手の端です。父は私と同じです。父方の祖父もそうなのかな?父方の祖母は本郷でした。つまり、父の系統は東京系ですが母の系統は東京ではありません。ちなみに父方の曽祖父はいきなり岐阜の生まれになりますが(w
ですので、江戸弁はいまいちわかりませんが、ぼちぼち東京弁は身についているようです。東京方言辞典を見て、『標準語≠東京弁』というのを改めて認識させられます。いくつか今でも口から出そうな(でもシチュエーションは無いかな?)言葉を拾ってみると
『アケッピロゲ / アサッパラ / (髭を)アタル / アテズッポー / アブク / アベコベ / アラッポイ / アリッタケ / アンマリ』
キリが無いのでア行だけでやめておきます(w。
#という事は『あぶく銭』って方言になるのか…

しかし、どうやら私のごく一部に甲州弁が潜んでいるようで、昔友人に指摘された事があります。どの言葉だったかを覚えていませんが…。うっち〜の甲州弁研究所にある『うめぇ、おせぇる、いちんち、ぶんなぐる、しゃらくせぇ』等々はあまり抵抗無いですね…。っていうか、本当に甲州弁になるの?普通に使うんですが…
NHK日本語発音アクセント辞典とかも見てみた方が楽しいかな?
posted by ちや at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。