2007年10月22日

新型免許証をもらってきた

更新時期になったのでICチップ入り運転免許証を受け取ってきました。免許証の材質等々はほとんど変わりなく、チップだけがこそっと隠されているようです。太陽に透かすと影が見えました。
材質が今までといっしょだったので心配だったスイカと一緒のサイフに入れての使用も問題なしです。まぁ利用方法を考えるとデータ転送の為の距離をほぼ0にして問題ないのでアンテナとか埋まってないし、大丈夫と思っていたのですが一応ね。(実際は10cm程度で読み取れるらしいです)

どちらかというと『書き換えが容易ではない』というのがメリットというかデメリットというか…
* 暗証番号の変更は認めない(書き換え時におこなう)
* 暗証番号を失念した場合は試験場に来場された場合のみ回答
* 暗証番号を3回続けて間違えるとロックがかかり、試験場、免許センター、警察署において復旧
* 住所等の変更は…忘れた
* (おまけ)交付手数料が450円高くなった
こんな暗証番号なんてつかわないから『紙で番号をくれちゃう』のもどうかと思うが、忘れた場合にわざわざ試験場にまで行くってのも面倒すぎですね…。暗証番号の変更や確認が警察署でできるようになればなんとか、って感じでしょうか。

ICチップって10年程度データを保持できたと思うので実用化された部分なんでしょうか。現在は本籍だけが印刷から除外されていますが、将来的には住所も(それ以外は生年月日とか?)印刷しないようにする方針らしいです。カードリーダの普及率との兼ね合いでしょうか?
さて、もしそうなった場合に免許証を電子レンジにかけたら(ICチップを破壊したら)免許証って有効なものになるんでしょうかね?公文書偽造とかになるんでしょうかね?偽造はしてないから違うか…ちょっと将来的な運用が心配?ですが。
スラドにもストーリがあったから、ヒマな時に読んでみましょうか。


なお、普通免許が中型免許限定付に変わったのは知らなかったです。今の所関係ないですが。
posted by ちや at 13:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パスモと一緒は×でした。
Posted by E at 2007年10月24日 22:05
戸籍謄本や住民票以外で本籍が分からないようにするために、私は実際に免許証を電子レンジに5秒くらい
掛けてみた事があります。

レンタカーでも郵便物や宅配便留め置きの引き取りや検問提示などなど本籍地読み取り不能でもその後難なく行なえた。しかし、車両系やフォークリフト取得の前に大特が必要になったため、自動車学校に入学し、適性検査の後、、IC免許を読み取ろうとしたが。わざと読み込み不能にしていたため、教習所の事務員に叱られて、免許保有者は住民票で本籍地を確認できない校則(教習所の利用規約)だったため、警察署に2度足を運んで、警察が本籍地を確認させる手間が増えてしまいました。
Posted by 水無月かれん at 2013年06月29日 12:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61895631
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。