2006年08月30日

「なぜ子猫を殺してはいけないか」を説明してください。

正式な質問のタイトルは
倫理・宗教・法律を持ち出さず、かつ情に訴える以外の方法で、「なぜ子猫を殺してはいけないか」を説明してください。
説明できない・いけない理由はない・ケースバイケース、という類の回答はご遠慮ください。

これ、『なぜ人を殺してはいけないのか?』よりも簡単に思うのは間違ってるのだろうか?

単純に殺していいものといけないものを分けてみると、個人的には以下のようになる。

殺していいものは以下のいづれかに含まれる
1) 人に害を為すもの
2) 死ぬことによって人に利益を与えるもの
3) 1にも2にも含まれないもののうち、醜いもの(かわいくないもの?)
殺していけないものは上記以外である

人によるがほとんどの人にとって、子猫は『かわいいもの』であると思われるので、少なくとも3に反するので殺してはいけない。

1などは、害虫などになる。蚊とかもそうだよね。エチゼンクラゲもか。
2は食料だ。鯨は、日本人からするとA-2なんだけど、文句を言っているヤツらの文化からすると2にあてはまらず、かわいいものらしいので3にもならないので殺してはいけないものになる。

命すべてを奪ってはいけない、などと自然の摂理から反する事は聞かなくて良い。生物すべて、他の命を奪って生きているのだから。まだ坊主の『感謝』の言葉のほうがしっくり来る(が宗教だな)

だから、簡単に説明すると『子猫はかわいいから殺してはいけない』になる。だめ?


素朴な疑問だが、子豚や鳥、魚を愛玩している人は、それぞれを食べないのだろうか???
posted by ちや at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。