2006年06月23日

プロの審判という職業の需要と供給

昨日、ふと思ったコトがあったので寝床でメール投稿したんだが、うまくいかなかった。もったいないので、そのまま載せてみる。

なんかすげぇ眠いからネタふりだけ

市場規模が大きい業界でも人繰りは頭が痛い問題なのだが「審判」という職業においてはどうなんだろう?
プロスポーツが興行的に成立してるだろう野球やサッカーですら需要の方が大きく、供給不足(なりたい人が少ない)と勝手に想像するんだけど…
真実はいかに?実はすごい高給取りとか?
posted by ちや at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。