2011年02月19日

定点カメラを作ろう-その1

まず、調レコと似て非成るものを作るにあたって、押さえるべきものが一つあります。

調剤レコーダーは日本国特許取得済みです


の一文です。
SE屋をやっていましたが、正直特許には疎いです。
サーバのCGIプログラム周辺と、システムを構成するにあたってのノウハウを無料で公開した場合、
万が一特許を侵害していたらどうなるだろう?
という疑問が浮かびました。正直『多分問題ない』と思ってますが、『いやいや大問題』って場合もあります。

なので、他人任せでw特許を探し(てもらい)ました。普通、特許取得番号って載せるんじゃなかったでしたっけ???
* @n0rrさん
** http://twitter.com/n0rr/status/38150112190533632
** http://twitter.com/n0rr/status/38150818637160448
* @toyosshiさん
** http://twitter.com/toyosshi/status/38153413594185728
* @kai_bashiraさん
** http://twitter.com/kai_bashira/status/38176799624003584
と、情報を寄せていただき、『RFFIDをトリガにして記録する』という特許であるのがわかりました。
逆に言えば、それをトリガにしなければOKな訳です。
というか、私はRFIDってなぜか好きではないので使いませんww

ここで、当該システムの要件をはっきりさせる事ができました。
1. PC(windows)や無線ルータは既存の物を使うとして、予算は3万円以内
2. カメラは1台。増やせるかどうかはとりあえず検証しない
3. 撮影は制止画。撮影開始トリガにRFIDを決して利用しない
4. インデックスはまずは作成しない。時間のみ。
5. 解像度は調レコが1600x1200なのでそれ以上
6. 分解や改造などを極力行わず、市販品を組み合わせる
7. 参照はPCやMacでいいが、当然iPad等でも見れると受けがいい

うまくいった場合、いくつか改善すべき点は以下。当然、手間と予算によりますw
2'. カメラは複数台。ビデオも検討。
3'. 動画の必要性があるのか、ないし調レコのようなコマ送りの有用性を検証。またRFIDではなく手動でもないトリガの検討
4'. インデックスの作成。当然OCRの利用を考えるが、そもそも@toyosshiさん処方せんをiPadで見ながら調剤のように処方箋を撮影し、それと調剤の画像をリンクさせられないか、を検討。

えー、全部クリアしたら金取れるんじゃね?www
とりあえずの要件が決まったので、ハードウェア探しです。結構大変ですww

で、現在進行形のプロジェクト?なので、失敗した場合は『失敗した理由とクリアすべき課題』が判明し、
酔狂などなたかが解消して前進していただける、と信じて記録していきます。
posted by ちや at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186628690
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。