2009年06月08日

ドラマ化???

ふたつのスピカ 14 (MFコミックス フラッパーシリーズ)とめはねっ!鈴里高校書道部がドラマ化するようです。ふたつのスピカもドラマ化なんですよね。ドラマの企画って誰が立てるのか知らないのですが…、おまえら漫画しか読んでねーのか?と言いたくなる程マンガのドラマ化が多くありませんか?以前はこれ程なかった気がするのですが、単に私が知らないだけでしょうか。
マンガをドラマ化すると、原作の絵のイメージとの乖離が大きいと思います。アニメならば読者のイメージしている声とのギャップだけですむと思います。そのイメージした声も次第に上書かれ、違和感は無くなっていくことでしょう。逆に明確に声として認識できている場合、声優が変わり声が変わる事に耐えられない事もあります。(ex.ルパン三世ドラえもんなど)。うまく変更できているケースも当然ありますが。
声だけでも難しいというのに、映像としての雰囲気やキャラクタと役者のギャップは計り知れません。小説などならば、言葉による描写ですので上記の声と同様に役者の顔のイメージは上書きされやすいでしょう。なぜ小説のドラマ化ではなくマンガのドラマ化なのでしょうか…。そもそもドラマに原作が無くてもいいと思うのですが、原作が人気あればそれなりの視聴率が取れるという意図があるのでしょうか。原作レイプも少なくないので、原作のファンの場合はあまり嬉しくないです。せめてアニメにして…。

こういう実写化ならばとても楽しいのですけどね(w

どうでもいいですが、鴨川アスミの身長が161cmってありえない…。設定では144cmなのに…。けど訓練用の宇宙服のシーンがあったとしても特注する訳にもいかないんだろうなぁと思ってもみたり。
posted by ちや at 15:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちでもよく、そのハナシになります。
大抵がストーリーの変え方、キャスティングにガッカリさせられるので見なくなり…。

確かに、アニメ化ならまだ安心!?
鋼錬とカペタは原作から離れていったけど、面白いと思って見てました☆

声優さんの変更は難しいですね。
今でもワカメちゃんには違和感あり…
(っていうか見てるの?ってハナシ!?笑)
Posted by sae at 2009年06月08日 17:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。